アンセリンの効果とは?

アンセリンの効果とは?

アンセリンの効果の1つとして、痛風予防というものがあります。

アンセリンの効果効能、誰に効くのか?


hy

アンセリンの主となる効果として挙げられるのが、抗疲労効果や抗酸化作用、血圧を下げる、尿酸値を下げるというものが概ねな効果として知られています。

アンセリンはイミダペプチドというものの一種で、渡り鳥、回遊魚など長時間連続した動きをする行う必要のある生物の中に高濃度配合されています。

活性酸素を除去、疲労回復を促してくれるので、疲れた体を癒すにはもってこいのサプリメントです。

また海洋性アンセリンの成分は非常に安全性が高いと言われていますから、安心してサプリメントを使うことができます。

痛風予防のアンセリンは安全なサプリメント

痛風の予防効果については尿酸値を下げるという効果があるので、乳酸の代謝促進をし、尿酸を排出するという効果を持っています。

痛風を今後予防したいと思っている人にはぴったりのサプリメントだと言えるでしょう。肥満、生活習慣の乱れで睡眠障害になっている人にも効果がみられるということなので、血糖値を低下させるのにもアンセリンは役立つと言われています。

アンセリンの良いところと言えば、尿酸を作りすぎないこと、尿酸を排出する作用があるということです。尿酸はプリン体が分解され発生します。

これはプリン体が尿酸になる前にもう一度プリン体に戻すことができますから、尿酸が貯まる心配がありません。

また尿酸を排除する作用も持っていますから、アンセリンのサプリメントを摂取することで体内で発生する乳酸を抑制し、痛風の原因といわれる尿酸を排せつすることができます。

ですから尿酸値が高い人ほど、痛風になりやすいので、まだ痛風にかかっていない人は、予防のために飲んでおくというのはベストであると言えます。

そもそもアンセリンとはどんな成分なのか?

アンセリンとはそもそもどんな物質なのでしょうか?痛風に効く、尿酸値を下げる、いい面ばかりがとらえられていますが、原材料としては何があるのでしょう。

アンセリンは動物の筋肉から見つかった成分です。強い抗酸化作用を持っており、さらには疲労回復を促す効果を持っているので、アンセリンの多く含まれた魚介類がたくさん活動、動くことができるのは、疲労回復効果をもったアンセリンのお陰であろうと言われています。

sapuri

痛風患者は50歳前後から今では30歳前後が発症のピーク

実は痛風患者は年々増える一歩で、なかなか緩和すること、治癒することが難しいと言われています。一度痛風にかかったら、ずっと痛風のまま、というのもあながち嘘ではないようです。

ですから痛風になる前に、予防策としてアンセリンのサプリメントを摂って、痛風予防を行いたいものです。

近年以前は50歳前後でかかっていた痛風も、発症年齢は30代となっていますから、リスクはそこかしこに落ちています。

尿酸値を下げるためには普段からの日ごろの食生活に気を付けるべきでしょう。そのサポートとしてアンセリンを使うとよいですね。

尿酸値をコントロールするにはプリン体の多く入った食材を避けることです。ただ、過度な制限はストレスになりますから、続けられるようなゆったりとした目標をもって、アンセリンで症状を予防しつつ改善していくべきでしょう。

特にプリン体が多いのは鶏レバーやあんこう、豚レバーやカツオ、サンマのヒモノなどです。レバー類は特にプリン体が高いので、好物な人は控えるようにしましょう。

 

TOPへ戻る