アンセリンの効果とは?

アンセリンの効果とは?

アンセリンの効果の1つとして、痛風予防というものがあります。

動物の筋肉に含まれる、それがアンセリン

読了までの目安時間:約 2分

gtgtgtg

カツオ、マグロなどの大型魚に特に多く含まれているのがアンセリンという成分です。イミダソールジペプチドやイミダペプチドとも呼ばれる成分も、名称は違えど同じアンセリンに変わりありません。

鶏肉のササミにイミダペプチドなどは含まれているようです。主な働きとして尿酸値を改善すること、活性酸素を除去するという働きを持っています。

この中でも特に尿酸値が高い人にはアンセリンがオススメです。よくビールをたしなんでいる中年男性は多いですが、プリン体というものが多く、これが体の中で増えすぎると尿酸値が高くなります。

そして尿酸値が高いまま何も起こらなければよいのですが、尿酸値が高い状態が続くと痛風という病気にかかってしまいます。

尿酸値を抑制し活性酸素除去で老化防止にも

 

そのため、アンセリンは尿酸値に効果があるとして見直されています。何故痛風というか知っていますか?風が吹いただけでも痛い、という意味から痛風というのです。

主に足に症状が出て、しびれや間隔麻痺、痛みを伴います。そして痛風に一度なると二度と元に戻らないのですから、恐ろしい話です。

また活性酸素を除去してくれるというのも、美容に詳しい女性なら知っているのではないでしょうか?活性酸素は体を老化させる原因です。

糖尿病やアレルギーなど、生活習慣病にかかる可能性がある、疲労感が抜けなくなるということが大いにあり得ますので、合戦酸素を除去してくれるアンセリンを摂ることは非常に健康に良いとされています。

しかしマグロやカツオをそれほど大量に食べられないのでサプリメントで賄うことになります。

 

アンセリンについて

この記事に関連する記事一覧

home
TOPへ戻る